東京都江戸川区、千葉県周辺で税理士事務所、会計事務所をお探しの方!三浦隆行税理士事務所では、創業前の支援から記帳指導、節税対策、社内セミナーまで、所長が全ての顧問先様をきめ細かく対応致します。
> 情報ブログ > 印紙税とは

印紙税とは


私たちは、生活は仕事の中で、様々な文書を作成したり、受け取ったりします。その中で、金銭受取の際の領収書、借入の際の金銭消費貸借契約書、また、不動産の売買契約書などに印紙税がかかります。

 

印紙税がかかる文書は、約20種類ありますので、内容を確認してどの課税文書になるかにより、納付する金額も変わります。

 

印紙税は、通常、課税文書の作成者が印紙税額に相当する金額の収入印紙をその文書に貼り付け、文書と収入印紙の両方にかかるように消印する方法によって納めます。



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る