東京都江戸川区、千葉県周辺で税理士事務所、会計事務所をお探しの方!三浦隆行税理士事務所では、創業前の支援から記帳指導、節税対策、社内セミナーまで、所長が全ての顧問先様をきめ細かく対応致します。
> 情報ブログ > 三世代同居改修工事等について所得税額の控除とは

三世代同居改修工事等について所得税額の控除とは



   三世代同居のために改修工事を行った場合、次の①又は②の特例が適用できる規定で、新たに創設されたものです。


  ①改修工事の住宅借入金等(償還期間5年以上)の年末残高1,000万円以下の部分について、一定割合を乗じた金額を5年間の各年において所得税額から控除する。
  ②改修工事の標準的な費用の額の10%相当額をその年分の所得税額から控除する。  


  適用対象期間は、平成28年4月1日から平成31年6月30日までの間に居住に供したときです。


  改修工事には要件があり、その対象工事は、①キッチン、②浴室、③トイレ、④玄関で、加えて、①~④のいずれかを増設すること、改修後、①~④のうち、いずれか2つ以上が複数になること、工事費が50万円超であることなどです。



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る