東京都江戸川区、千葉県周辺で税理士事務所、会計事務所をお探しの方!三浦隆行税理士事務所では、創業前の支援から記帳指導、節税対策、社内セミナーまで、所長が全ての顧問先様をきめ細かく対応致します。
> 情報ブログ > 国外居住扶養親族の親族関係書類の提出の義務化

国外居住扶養親族の親族関係書類の提出の義務化


非居住者である親族に係る扶養控除等の適用を受ける場合には、親族関係書類および送金関係書類を提出又は提示しなければならないこととされました。

 

 この改正は、平成28年1月1日以後に支払われるべき給与等について適用されます。

 

・親族関係書類

1.戸籍の附票の写しその他の国又は地方公共団体が発行した書類およびその親族の旅券(パスポート)の写し

2.外国政府又は外国の地方公共団体が発行した書類(その親族の氏名、生年月日および住所又は居所の記載があるものに限ります)

 

※「親族関係書類」が外国語により作成されている場合、訳文も提出又は提示する必要があります。

 

・送金関係書類

1.金融機関の種類又はその写しで、その金融機関が行う為替取引によりその居住者(給与所得者)からその親族に支払をしたことを明らかにする書類

2.いわゆるクレジットカード発行会社の書類又はその写しで、そのクレジットカード発行会社が交付したカードを提示してその親族が商品等を購入したこと等およびその商品等の購入等の代金に相当する額をその居住者(給与所得者)から受領したことを明らかにする書類

 

※「送金関係書類」が外国語により作成されている場合、訳文も提出又は提示する必要があります。



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る