> 関連情報 > 【確定申告】関連情報

【確定申告】関連情報

多くの人が

、「そろそろ確定申告をしなきゃ」

「確定申告ってめんどくさいよ。」

というような声を聞いたことがあると思います。

 

確定申告とは

そもそも確定申告が何なのか、

一言でいえば“申告・納税しなければならない税金”の事です。

 

税金には所得税・消費税・固定資産税等がありますが、

毎年1月1日から12月31日までに得たすべての所得を計算し、

申告をし、納税をするのが確定申告です。

 

ではどんな人が、この確定申告を行うのでしょうか。

個人事業主・アルバイト・主婦・パート・サラリーマン・・・

社会に出て働くほとんどの人が、

実際に確定申告をする必要があるのかは別として、

その可能性を持っています。

 

【簡単チェック:確定申告する必要がある人の要件】
1.)所得が38万円を超える方
2.)給与の収入金額が2000万円を超える方
3.)給与をもらっており、かつ給与以外の所得の合計が20万円を超える方
4.)給与を2ヶ所以上から受けており、

   その収入と各種所得の合計が20万円を超える方
5.)同族会社の役員や親族で、

   その同族会社から給与の他店舗などの不動産の使用料などの支払いを受けた方

 

例えば、サラリーマンは会社で年末調整をするので、

確定申告は必要ないという意見は間違っていませんが、

家を人に貸して賃貸料をもらっている人や、

災害によって源泉徴収の猶予を受けている人なども申告する必要があります。

 

 

なぜ今サラリーマンの確定申告か?

それは、平成25年から業務にかかわる

資格取得・書籍・単身赴任者の帰宅旅費なども認められるようになり、

今まで確定申告に関係のなさそうな人でも、

必要に応じて確定申告をすることにより

想定外の節税になることがあるようになったからです。
確定申告は、個人事業主のものという観念を取り払い、

どういったものが申告対象になるのか、

一度調べてみるのも面白いかもしれません。

 

 

【参考サイト】

・国税庁 所得税(確定申告書作成コーナー)
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

 

・確定申告 – Wikipedia – ウィキペディア

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A2%BA%E5%AE%9A%E7%94%B3%E5%91%8A

 

 

 

 


▲ページの先頭へ戻る